天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

電弱統一理論

 

よみ方

でんじゃくとういつりろん

英 語

unified theory of electromagnetic and weak forces

説 明

自然界の基本的な四つの力のうちの2つである電磁気力弱い力を統一的に扱う理論。1972年ワインバーグ(S. Weinberg)とサラム(A. Salam)によって独立に提唱されたので、ワインバーグ-サラム理論とも呼ばれる。SU(2)×U(1) というゲージ群にしたがうゲージ理論である。この理論では、現在の真空状態ではヒッグス場の中性成分はゼロでない期待値を持ち、それによって SU(2) のゲージ粒子であるWボソンZボソンは質量を持つため、SU(2) 対称性は自発的に破れている。一方、U(1) 対称性はそのまま保たれており、そのゲージボソンである光子が電磁気力(電磁相互作用)を媒介する。
この理論で存在が予想されたWボソンとZボソンと呼ぶ重いゲージ粒子は、後に実験的に存在が検証された。力の統一理論自発的対称性の破れも参照。

2023年11月16日更新

問い合わせ
問い合わせ

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    記事タイトル (必須)

    [text* title]

    記事URL (必須)

    [text* url]

    お名前 (必須)

    [text* your-name]

    メールアドレス (必須)

    題名

    [text your-subject]

    メッセージ本文

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます