天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2020年01月23日 理論

種族合成法

星団や銀河など多数の星からなる天体の合成スペクトルエネルギー分布(SED)を、年齢と金属量の異なるさまざまな星団のSEDに重みを付けて組み合わせて再現する手法。銀河系(天の川銀河)と大マゼラン雲、小マゼラン雲内の多数の星 […]

2019年09月19日 観測技術

周波数コム

光周波数コムは、その周波数スペクトルが等間隔の線スペクトルからなるレーザー光源を指す。周波数コムはモードロックレーザーにより生成したパルス列を安定化することなどにより得られる。天文学の世界では、高分散分光器のきわめて安定 […]

2019年07月10日 その他

持続可能な開発目標

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている、持続可能な世界を実現するための国際目標。国連加盟193か国が2016年-2030年の15年間で達成することを目指してい […]

2019年06月03日 観測技術

シンチレーション

1.星のまたたきのこと。主として下層大気の密度の変化による光の屈折によって生じる。望遠鏡で星を観測する場合、星のまたたきは、瞬間瞬間の星の光度の変化と位置(光の到来方向)の変化として観測される。光度の変化をシンチレーショ […]

2019年05月14日 理論

シュバルツシルトブラックホール

電荷を持たず回転もしていないブラックホール。シュバルツシルト解を参照。

2019年05月11日 観測技術

シンチレーション光

シンチレーション(2) を参照。

2018年12月18日 観測技術

人工衛星

惑星、主に地球を周回する軌道上に存在する人工天体。地球の月など自然の衛星との区別が明白な場合には単に「衛星」とも表記される。軌道上を回っていても、使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などは宇宙ゴミ(スペースデブリ)とし […]

2018年05月02日 理論

収束

コリメーション(宇宙ジェット)のこと。

2018年02月21日 観測天文学

収率

銀河の化学進化に関する用語。最初はガスのみであった銀河の中で、次第に星ができるモデルで考える。ある時刻に起きた星生成で星の質量の増加分()に対する、重元素質量の増加分()の割合 を収率という。すなわち、である。ここで、大 […]

2018年01月16日 装置・施設・データベース

新一般カタログ

NGCカタログのこと。

2018年01月12日 観測技術

周波数帯域幅

電波望遠鏡が一つの受信機で、同時に観測できる最高周波数と最低周波数の間の周波数域をいう。周波数帯域幅が広いほど連続波電波の場合は感度が高くなり、線スペクトルの場合はその帯域にある多くのスペクトル線を観測することができる。 […]

2018年01月15日 銀河・銀河団

小マゼラン銀河

小マゼラン雲を参照。  

2018年02月20日 原子・分子過程

CO(J=1-0)輝線

低温の一酸化炭素(CO)分子が放射する回転遷移による強い輝線。12COだけでなく13COやC18O等の同位体を含む分子などからの輝線も観測される。一酸化炭素分子の最低エネルギー準位は回転量子数J=0の状態であり、最低励起 […]

2018年02月20日 観測技術

CCD

電荷結合素子と呼ばれる半導体画像センサー。入射光子による内部光電効果で生じた電子と正孔対のうち、電子を各画素内の電荷ポテンシャルに蓄積することで光量に比例した電子画像を取得することができる。読み出し時に、電荷ポテンシャル […]

2018年02月20日 理論

CDMモデル

冷たいダークマター(暗黒物質)の密度ゆらぎから現在の銀河、銀河団などの構造が形成されたとする構造形成のモデル。ダークマターとは電磁波を放出も吸収もせず、また陽子や中性子からなる通常の物質(バリオン物質と呼ぶ)とは一切相互 […]

2018年02月20日 理論

CFL条件

クーラン条件を参照。

2018年02月20日 理論

CMB

宇宙マイクロ波背景放射を参照。

2018年02月20日 理論

CNOサイクル

炭素(C)、窒素(N)、酸素(O)を触媒として4つの陽子(水素, p)をアルファ粒子(ヘリウム, He)に変換する一連の核反応。右図に示すように()反応や逆ベータ崩壊(核分裂を参照)が連鎖したのち、()反応によりヘリウム […]

2018年02月20日 理論

CP対称性

Cは荷電変換のことであり、電荷の符号を反転する変換である。Pはパリティ変換であり、空間座標の符号を反転する変換である。両者を同時に行うのが、CP変換で、これによって粒子は反粒子に変換される。CP対称性とは、CP変換に対し […]

2018年02月20日 原子・分子過程

g因子

ゼーマン効果のスペクトル解析で利用される1程度の大きさの係数。ランデのg因子とも呼ばれる。 弱い磁場中におかれた原子のエネルギー準位は、磁場によりエネルギーの変化 を生じる。 ここではボーア磁子、は与えた磁場強度、は全角 […]

関連画像