天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

標準座標

 

よみ方

英 語

説 明

天体写真の画像上の直交座標 (x, y) から天球上の赤道座標 (\alpha, \delta) を求める際、直接両者の関係を考えず、(x, y)\to(\xi, \eta)\to(\alpha, \delta) のような中間的な座標を媒介させるのが普通である。この中間座標のことを標準座標と呼ぶ。
たとえば、原点Oを中心とする天球上のある1点を原点Oとし、その点での接平面を考え、Oから接平面に投影された場所によって位置を表す座標が標準座標に該当する。標準座標 (\xi, \eta) はそれぞれ赤経と赤緯が増える方向を正にとり、望遠鏡焦点距離を単位として表される。

2018年09月17日更新

関連画像

* 標準座標の解説図
矢野太平「角度の測定」、シリーズ現代の天文学第13巻、福島登志夫編『天体の位置と運動』第2版 1.4節 図1.11 (日本評論社)