天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

ドレーパー,ヘンリー

 

よみ方

英 語

説 明

アメリカの天文学者(1837-82)。ジョン・ウィリアム・ドレーパーの息子。天体写真と写真分光学の開拓者として知られる。1857年わずか20歳のときにニューヨーク大学医学部を卒業、後に同学部の教授および学部長に就任した。アイルランドのロス卿の天文台を訪問した際、写真術の天文観測への応用について示唆を受け、以後、医師としての仕事の傍ら望遠鏡による天体写真観測の研究に励み、1872年には初めて吸収線が写った恒星スペクトルの撮影に成功した。その後100個以上の星のスペクトルを撮影した。彼の死後、ハーバード大学天文台で台長のピッカリング(E.C. Pickering)が星のスペクトルの大規模な研究を始めたのを知った未亡人が資産を寄付して支援した。その最初の成果が1万個に及ぶ恒星スペクトルの分類を記載した『ドレーパー星表』(1890, 1897)である。

2018年04月12日更新

関連画像

ヘンリー・ドレーパー
出典
http://en.wikipedia.org/wiki/Henry_Draper
ヘンリー・ドレーパー・カタログの第一巻。
出典 https://www.lindahall.org/mary-anna-palmer-draper/
“Courtesy of The Linda Hall Library of Science, Engineering & Technology”