天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

ウォルフ,シャルル

 

よみ方

うぉるふ,しゃるる

英 語

Wolf, C. J. É.

説 明

シャルル・ウォルフ(Charles Joseph Étienne Wolf;1827-1918)はフランスの恒星天文学者。高等師範学校を卒業して教職に就きモンペリエ大学教授になった。1862年パリ天文台に入所、初期には天文時計の改良、子午線観測に携わる。後にライエ(G. Rayet)と協力して恒星のスペクトル観測を始めた。新星スペクトル中に輝線を検出、1867年には最初のウォルフ-ライエ星を発見した。また、水星の太陽面通過(1868年)の観測、プレアデス星団カタログの作成、『パリ天文台の歴史』(1902年)の執筆でも知られている。

 

参考:https://pg-astro.fr/grands-astronomes/l-ere-moderne/cahrles-wolf-georges-rayet.html

2021年03月18日更新

問い合わせ
問い合わせ

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    記事タイトル (必須)

    [text* title]

    記事URL (必須)

    [text* url]

    お名前 (必須)

    [text* your-name]

    メールアドレス (必須)

    題名

    [text your-subject]

    メッセージ本文

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます

    C. J. E.ウォルフ(https://pg-astro.fr/grands-astronomes/l-ere-moderne/cahrles-wolf-georges-rayet.html)