天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

タリー-フィッシャー関係

 

よみ方

英 語

Tully-Fisher relation

説 明

渦巻銀河の光度Lと回転速度Vの間に見られるL \propto V^nという形の相関関係で、銀河のスケーリング則の1つ。1977年にタリー(B.Tully)とフィッシャー(J.Fisher)によって発見された。nの値は光度を定義するバンドパスによって異なるが、概ねn=3-4の範囲にある。回転速度の指標には中性水素ガスの21cm線の線幅(ドップラー幅)が使われることが多い。これは回転速度のほぼ2倍に当たる。タリー-フィッシャー関係は渦巻銀河の距離指標関係式としても用いられている。

2018年08月16日更新

関連画像

タリー-フィッシャー関係。横軸は銀河の回転速度、縦軸は r バンドの絶対等級である。
(Courteau 1997, AJ, 114, 2402 のデータをもとに作成)
http://ads.nao.ac.jp/abs/1997AJ....114.2402C