天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

相対論的ビーミング

 

よみ方

そうたいろんてきびーみんぐ

英 語

relativistic beaming

説 明

速度 $v$光速度 $c$ に極めて近く、大きなローレンツ因子

$$\gamma = \frac{1}{\sqrt{1-(v/c)^2}}$$

(典型的には $\gamma \sim 10$)をもつジェットは、相対論的な光行差によって光線が前方へ集中し、前方の $\sim 1/\gamma$ ラジアン以内の方向に放射が集中する。これを相対論的ビーミングという。これにドップラー効果が加わって、ビーム方向から見ると、エネルギーが高くなり、強度変動の時間も短縮される。ビーミングも参照。

2023年05月08日更新

問い合わせ
問い合わせ

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    記事タイトル (必須)

    [text* title]

    記事URL (必須)

    [text* url]

    お名前 (必須)

    [text* your-name]

    メールアドレス (必須)

    題名

    [text your-subject]

    メッセージ本文

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます