天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

赤色超巨星

高

よみ方

せきしょくちょうきょせい

英 語

red supergiant

説 明

赤色巨星超巨星を参照。オリオン座のベテルギウスは太陽の約20倍の質量を持つ代表的な赤色超巨星で、脈動変光星の中の半規則型に分類されている。恒星の進化の最終段階にあり、寿命が終わるとⅡ型超新星爆発を起こすと考えられている。冬の大三角を構成するベテルギウスは1等星の中でも明るい目立つ星であったが、2019年秋より暗くなりはじめ2020年2月3日時点では約1.5等以下となり、1970年代以降では最も暗くなって冬の大三角も容易にそれと同定できない状況となった。しかし、2020年5月はじめには減光開始以前と同じ明るさに戻った。この現象が間もなく超新星爆発につながる兆候なのかどうかは分かっていない。

2020年06月17日更新

問い合わせ
問い合わせ

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    記事タイトル (必須)

    [text* title]

    記事URL (必須)

    [text* url]

    お名前 (必須)

    [text* your-name]

    メールアドレス (必須)

    題名

    [text your-subject]

    メッセージ本文

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます