天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

パワーリサイクリング(光の)

 

よみ方

ぱわーりさいくりんぐひかりの

英 語

power recycling

説 明

レーザー干渉計では、ショット雑音が最小になるように干渉縞が暗い状態で信号の検出を行うが、このとき入射したレーザー光は光源側に反射される(図(a)参照)。ここに図(b)のように鏡を挿入し、もう一度入射光と位相を合わせて干渉計に戻すことにすれば、干渉計に入射する光が等価的に増大する。これが光の(パワー)リサイクリングで、増幅率は干渉計の損失で制限されるが、数十倍の利得が得られ、必要なレーザーのパワーを小さくすることができる。

2018年12月10日更新

問い合わせ
問い合わせ

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    記事タイトル (必須)

    [text* title]

    記事URL (必須)

    [text* url]

    お名前 (必須)

    [text* your-name]

    メールアドレス (必須)

    題名

    [text your-subject]

    メッセージ本文

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます

    パワーリサイクリングの概念図
    パワーリサイクリングの概念図
    http://annex.jsap.or.jp/OSJ/50th_cd/main/keyword/kansho_011_01.htm