天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

ナビエ-ストークス方程式

 

よみ方

なびえすとーくすほうていしき

英 語

Navier-Stokes equation

説 明

気体や液体といった流体のうち、粘性を持つ流体の運動を記述する方程式。運動状態にある流体中に面を考え、その面を通して面に接する方向に働く力(接線応力)を考えたとき、これが働かない流体は完全流体と呼ばれる。すなわち応力テンソル $p_{ij}$ は圧力 $p$ のみが $p_{ij}=-p\delta_{ij}$ のように働く。一方、接線応力 $p_{ij}\,_{(i\neq{j})}$ が働く場合、これを粘性流体と呼ぶ。特に、応力テンソルが歪み速度テンソル

$$
e_{ij}=\frac{1}{2}\left( \frac{\partial u_i}{\partial x_j}+\frac{\partial u_j}{\partial x_i}\right)$$

に線形の依存をする場合をニュートン流体と呼ぶ($u_i$ は流体の速度の $i$ 成分)。非圧縮の場合、速度 $\boldsymbol{u}$ の時間変化を記述する流体の運動方程式は

$$
\frac{\partial \boldsymbol{u}}{\partial t} + \boldsymbol{u} \cdot \nabla \boldsymbol{u} = - \frac{1}{\rho}\nabla p + \nu \Delta \boldsymbol{u}$$

のように書ける(ここで $\nu$ を運動粘性率と呼ぶ)。このような粘性流体の運動方程式をナビエ-ストークス方程式と呼ぶ。

2023年05月12日更新

問い合わせ
問い合わせ

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    記事タイトル (必須)

    [text* title]

    記事URL (必須)

    [text* url]

    お名前 (必須)

    [text* your-name]

    メールアドレス (必須)

    題名

    [text your-subject]

    メッセージ本文

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます