天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

多世界解釈

 

よみ方

たせかいかいしゃく

英 語

many worlds interpretation

説 明

エベレット(H. Everett III)により提唱された量子力学の観測問題の解釈の一つ。コペンハーゲン解釈では、観測を行うと観測値に波動関数が収縮する、としているが、多世界解釈では観測者も系の一部であり量子力学的に振舞う、と解釈する。そして量子力学的に可能な状態の数だけたくさんの``世界''が存在するとし、観測を行って観測量が測定されるごとにそれらの多数の``世界''の中から一つの``世界''が選び出され、そのような選択の連続によって、観測者の属す量子力学的状態が進化していくと考えるのである。宇宙の波動関数のように、観測者が別に存在しない系を考えるときにはコペンハーゲン解釈は適用できず、多世界解釈が用いられる。

2018年03月06日更新

問い合わせ
問い合わせ

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    記事タイトル (必須)

    [text* title]

    記事URL (必須)

    [text* url]

    お名前 (必須)

    [text* your-name]

    メールアドレス (必須)

    題名

    [text your-subject]

    メッセージ本文

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます