天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

角運動量保存則

高

よみ方

かくうんどうりょうほぞんそく

英 語

law of the conservation of angular momentum

説 明

外力が働かないか、外力が中心力の場合、角運動量の値が一定のまま変化しないことを述べた法則。角運動量とは、天体の位置ベクトルを $\boldsymbol {r}$、運動量を $\boldsymbol {p}$ とすると、$\boldsymbol {r} \times \boldsymbol {p}$ で表される。ここで $\times$ はベクトルの外積を示す。太陽の周りの惑星の運動の場合、太陽と惑星の2天体のみを考えると、力は双方の天体を結ぶ方向に働く中心力となるために、角運動量が保存する。このことを経験的に発見したのがケプラー(J. Kepler)であり、ケプラーの第2法則はまさに角運動量保存の法則にほかならない。

2023年04月08日更新

問い合わせ
問い合わせ

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    記事タイトル (必須)

    [text* title]

    記事URL (必須)

    [text* url]

    お名前 (必須)

    [text* your-name]

    メールアドレス (必須)

    題名

    [text your-subject]

    メッセージ本文

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます