天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

アインシュタインリング

 

よみ方

英 語

説 明

重力レンズによって作られる遠方天体のリング状の像。重力レンズを引き起こす天体(銀河クェーサー銀河団)と同じ視線上の真後ろに点光源がある場合に完全な円環の像ができる。この円環の半径がアインシュタイン半径である。銀河団による重力レンズ像では、完全な円環ではないが円弧状の銀河の像(アーク)が多数見られることがある。

2018年09月27日更新

関連画像

ハッブル宇宙望遠鏡のAdvanced Camera for Surveys (ACS)による重力レンズ像。アインシュタインリングやそれに近いものがよく見える。
ハッブル宇宙望遠鏡研究所(STScI)プレスリリース STScI-PRC05-32