天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

エントロピー

高

よみ方

えんとろぴー

英 語

entropy

説 明

熱平衡状態に対して定義される熱力学量の一つ。記号Sで表される。 熱力学の第2法則は、任意の過程で熱平衡状態Aから状態Bまで変化するとき、 温度Tの外系と熱量dQをやりとりしている系のエントロピーの変化dSに対して  \int_{\rm A}^{\rm B} dS \geqq \int_{\rm A}^{\rm B} dQ/T を要求する。 特に熱の出入りのない壁に囲まれた系では、右辺=0なので、 変化に伴って\int_{\rm A}^{\rm B} dS \geqq 0であり、エントロピーは増大する。 変化が準静的な可逆過程であるときは、  \int_{\rm A}^{\rm B} dS = \int_{\rm A}^{\rm B} dQ/T が成り立つ。 理想気体のエントロピーは熱力学の第1法則から、  S=C_V \log T + R \log V + S_0 となる。ただし、C_Vは定積比熱、Rは気体定数、Vは体積、S_0は積分定数である。

2018年03月06日更新

関連画像