天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

カント

 

よみ方

かんと

英 語

説 明

ドイツの哲学者(1724-1804)。ケーニヒスベルグ出身で同大学に学び学位を取得、1770年から同大学教授に就任し、生涯同地に住んだ。『純粋理性批判』(1781)、『実践理性批判』(1788)、『判断力批判』(1799)など、批判哲学の創始者として知られる。また、若い頃から自然科学の研究にも手を染め、1755年の『天界の一般自然史と理論』の中で発表した太陽系生成論はカントの星雲説として有名である。1786年には『自然科学の形而上学的原理』を書いた。

2018年09月11日更新

関連画像

カント
カントの肖像画
https://en.wikipedia.org/wiki/Immanuel_Kant