天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

フリードマン方程式

 

よみ方

ふりーどまんほうていしき

英 語

説 明

ロバートソン-ウォーカー計量アインシュタイン方程式を書いたときの00成分に
相当する式で、スケール因子  a(t) に対する方程式と見なすことができ、
\left( \frac{\dot{a}}{a}\right)^2+\frac{K}{a^2}=\frac{8\pi G}{3c^2}\rho+\frac{\Lambda}{3}
という形をしている。ただし、\rho(t) はエネルギー密度、\Lambda宇宙定数K は時空の曲率で、+1, 0, -1の値を取る。また G は万有引力定数、c光速度を表す。

2019年06月03日更新

関連画像