天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

チャンドラセカール

 

よみ方

ちゃんどらせかーる

英 語

説 明

インド出身のアメリカ天体物理学者(1910-95)。ラホール(パキスタン)生れ、インドの大学を卒業後、奨学金を得てケンブリッジ大学に留学、ファウラー(W. A. Fowler)に師事した。1933年に学位取得、この間、ディラック(P. Dirac)、ボーア(N. Bohr)、エディントン(A. Eddington)らと親交を結んだ。1937年にシカゴ大学に移り、1985年に名誉教授になるまで同大学で天体物理学の研究と教育を行なった。主要な研究業績は、白色矮星における臨界質量を求めた研究に代表される恒星内部構造論、恒星天文学、放射輸送理論、流体力学、ブラックホールなど広範にわたる。1952-71年、Astrophysical Journalの編集長を務めた。1983年にファウラーとともに、星の内部構造と進化に関してノーベル物理学賞を受賞した。

2018年05月14日更新

関連画像

スブラマニアン・チャンドラセカール
https://en.wikipedia.org/wiki/Subrahmanyan_Chandrasekhar